ひびガメの日々2012年02月

我が家におります、ドロガメ、ハコガメ、イシガメ、ニオイガメ、などのヌマガメを紹介します。
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012/02/29(水)
マーブル2

マーブルサラマンダーの餌やりです。
水槽の蓋を開けるだけで結構な早さでシェルターから這い出してきます。
餌をとらえるときもかなり俊敏で、普段の動きからは想像できないほどです。


少しは暖かくなってきたかな、と思きやこの辺では珍しいほど雪積もってます。
今年は特に春が遠いかんじがするなー。

スポンサーサイト
2012/02/21(火)
ここんとこ忙しくて、家にいる時間がない。
こうゆう時にちゃんと管理しないと、落としてしまうんです。
疲れていてもしっかり面倒見なければと思う。


2012/02/16(木)
セイブニシキ

冬眠中のセイブニシキガメです。
緑の甲羅が気に入ってます。
まだ小さいのですが、爪も尾も立派になってきたので、
お嫁さんを探しております。
どこかのショップにいい雌がおりましたらご一報いただければ助かります。




2012/02/12(日)
スジクビ1

2010年生まれのスジクビヒメニオイです。

タッパー

こんな所で生活しております。
昔はスジクビもオオアタマも同時期に生まれたものは一緒にしていたのですが、
噛みあってしまうことが多かったため皆こんなかんじで単身生活です。


2012/02/09(木)
キタかミナミかミナミかキタか。
ちょっと訳あって冬期休眠中のシロクチドロガメに登場していただきました。

まずはキタシロクチの雌
キタシロメス
そして腹甲
キタシロメス2
これはまちがいなくキタの特徴。

続いてキタシロクチ?雄
キタシロクチ雄
ちょっとシャイなので画像が悪くてすみません。
まあ雄なのでオレンジラインが少し黒くなりましたが上の雌と似ています。
そして腹甲
シロクチ雄2
う〜ん腋下甲板と鼠蹊甲板はかろうじてくっついております。

続いてミナミということで購入したペア
その雄
ミナシロ雄1
そして腹甲
ミナシロ雄2
これは間違いなくミナミの特徴。

雌の顔
ミナシロ1
さすがにペアとして購入しただけあって顔はそっくり
なら腹甲もそっくりなはず。
ミナシロ2
なんだ?!この腋下甲板と鼠蹊甲板の間にある甲板は!!?

このペアは信頼あるショップから購入したものなんですが、
まあ判別法法もうっすらは知っていたのですが、当時あまり見ないで購入しました。


いろいろお見せしましたが、今年は両方のペアがそれぞれ繁殖すればいいかなと思っております。
アー疲れた。

おまけ
キタシロクチのしっぽ付近の画像
IMG_8600.jpg
甲長11.0センチです。
2012/02/06(月)
ヨーロッパヌマガメ

ヨーロッパヌマガメの若いペアです。
まだ繁殖には早いのですが、暖かい時期には交尾のまねごとをしています。
今はベランダ水槽の冷たい水の中でじっとしています。
昨日水換えのため出してみたのですが、
二匹とも元気そう(?)でした。
2012/02/03(金)
マダライモリ

うちにいるマダライモリです。
3年前に購入した個体です。
ずいぶん大きくはなったのですが、
去年購入した2011年生まれのチビ達より色がくすんできた。
これは成長したからなのか、調子が悪いのかよくわかりません。
だれかおしえてくれー。
餌食いは大変よく2、3日おきにレプトミンを食べています。

 | Copyright © ひびガメの日々 All rights reserved. | 

/ Template by パソコン 初心者ガイド
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。